アメリカ英語、イギリス英語どちらを習うべきか。

それは、どちらでも構いません。
アメリカに行く機会の多い人は、米語に慣れて置いた方が良いかも。
しかしアメリカ英語とイギリス英語では単語、表現などが違います。

だから、検定試験、入学試験などでは、アメリカ英語と、

イギリス英語で単語、表現の異なるものは出題しない決まりです。

英、米どちらかで勉強した人が不利になっては、いけないからです。

米語の方が、発音が分かりやすいですね。

「A」は「エイ」と発音するので、JAPANは「ジェイペィーン」

となります。

アメリカ英語の方が、世界的に主流に成りつつ有りますが、
米国人でも上流階級の人々は、イギリス英語を話しますよ。

自分が、上流の人間だという、アピールかも知れませんが、
JAPANは「ジャパーン」と、英国流に発音します。