男の下の毛(チン毛)の脱毛処理方法として、

「どんな手法があるのか?」

を、その特徴(メリット・デメリット)を比較しながらご説明します。

 

実際脱毛したいと思った際には、

  • 「電気針?レーザー?光(フラッシュ)?何が違うの?」
  • 「クリニック?サロン?自宅で脱毛器?」
  • 「安いのは?」
  • 「痛くないのは?」
  • 「確実なのは?」

など様々な疑問が出てくるでしょう。

 

なので、ここでまず脱毛方法の全体を把握してみて下さい!


男の下の毛(チン毛)を脱毛する方法には何がある?

脱毛方法として、その「脱毛方式」には次のようなものがあります。

  • 電気針脱毛
  • レーザー脱毛
  • フラッシュ(光)脱毛

それぞれの特徴を簡単に説明しましょう。

 

  • 電気針脱毛:

毛穴に針を通して、電気を流して、毛根周囲の細胞(毛母細胞)を焼く方法です。

特徴は一番痛いけど、一番確実なことです。

 

また、毛を一本一本処理する方法のため、
毛の生えている領域をデザインしたい場合に向いている手法と言えます。
(髭のデザイン脱毛など)

 

また、レーザーや光(フラッシュ)脱毛と比べると、
白髪や日焼けした肌でも脱毛できるのがメリットです。

 

脱毛の方法として、もっとも早くに誕生した方法です。

よって、電気針脱毛によって脱毛した人の数も多く、その後の経過観察も長く出来ていることから、脱毛方法の中で唯一「永久脱毛」がうたえる手法です。

 

  • レーザー脱毛:

皮膚にレーザーを照射して、毛の毛根付近に熱を持たせて、毛根周囲の毛母細胞を焼く手法です。

 

これは高出力のレーザーを用いるため、皮膚火傷のリスクの伴う手法です。

よって、医師しか実施する事ができません。

つまり、レーザー脱毛はクリニック(皮膚科)でしか受けることが出来ません。

 

電気針脱毛と比べると、レーザー脱毛は、

毛母細胞に徐々にダメージを当たる方法のため、一回のレーザー照射では脱毛は完了しませんが、

痛みは少なく(麻酔の使用も可能)、一回の施術の時間が短いのも特徴です。

 

  • フラッシュ(光)脱毛:

皮膚に光(フラッシュ)を照射して、毛に熱を持たせて、毛根周囲の毛母細胞を焼く手法です。

 

レーザー脱毛と基本原理は同じです。

違いは、使っている光の波長です。

 

レーザーが1つの波長を効率的に当てるのに対して、

光(フラッシュ)は、脱毛に効果的な波長の光だけでなく様々な波長を照射するため、

皮膚が熱せられやすいです。

 

このため、全体の出力はレーザーよりも劣ることになります。

 

よって、必要な照射回数はレーザーより多くなります。

おおよそレーザー脱毛の3倍の照射回数が必要と言われています。

 

他の脱毛方法と比べたときのメリットは、

取扱に際して、特別な資格など必要ないため、サロンや家庭用脱毛器でも実施可能な点です。


また、もっとも痛みの少ない脱毛方法でもあります。

 

デメリットは、効果がでるのにもっとも時間がかかる点です。


この中で、下の毛の脱毛が可能なのは、

「レーザー脱毛」「光(フラッシュ)脱毛」です。

 

股間付近は、その他の部位に比べて皮膚が敏感な上、粘膜などもあるため、慎重な施術が求めれる部位です。

 

よって、肌への負担の大きい電気針脱毛で下の毛を処理してくれる機関はほぼありません。

 

参考にして見て下さい!