北方領土のビザなし交流の日本語講師派遣事業で15日に国後島を訪れた日本人の講師と通訳ら4人が、持ち込んだ教材や資料をロシア税関に没収されていたことが分かった。

 事業を実施する北方領土問題対策協会が16日、明らかにした。

 同協会によると、来週から7月下旬まで、国後島の住民に日本語の授業をする計画で、没収された教材や資料は授業で使う予定だった。

 ロシアメディアによると、没収は国外からの荷物持ち込みの上限を超えたためだという。同協会が日本の外務省と事実確認などを進めている。

 事業は1998年に始まり、これまでは問題はなかったという。

 今後、択捉島、色丹島にも講師を派遣することになっている。(共同)

http://www.sankei.com/world/news/170616/wor1706160071-n1.html

コメント一覧
ロシア娘と結婚したい
匂いキツイかな?
>>2
お前が日本語の教科書を見つけ次第焚書にかけるやつになるのは残念だが若いうちは気になんねー匂いなんじゃないか。
日本でロシアが不貞で射殺の事案。
>>2
騙されるなw
オソロシア
日本の民度とロシアの民度で共同経済なんか出来るわけがない
つい最近の反プーチン派を拘束する国家だってのに
なにが共同経済だよw
ま、これが国際社会の現実だよな。
お花畑は通用しない。
日本人は目を覚ませ!ということだ。
>>2
賞味期限は五年
もう自衛隊で制圧しろよ
ロシア極東軍なんか、ほとんど火力ないだろ